[news:232] 被災地視察 (2011/05/08) 一覧へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■┃井┃上┃哲┃士┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃   
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
             http://inoue-satoshi.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井上哲士です。

 今日でGWも終わり。前半は国会と被災地調査。後半は京都の自宅でたまっていた
家の仕事をしたり、論戦準備をしながら、鋭気を養いました。

 さて、2日の夜に大門議員とともに福島県のいわき市に入り、翌3日、地震・津
波、原発被害の調査をしました。地方選や国会対応で、なかなか現地に入れなかっ
たのが、やっと現地入りできました。詳しい内容はHPの活動日誌をご覧ください。

 感想を二つ。一つは、津波被害で壊滅的被害を受けた場所に立った時の思いです。
がれきの山になった映像は、テレビで何回も見てきましたが、360度見渡す限りがれ
きの山という光景を直に見るとその衝撃は違います。

 被災者の方々に軽い気持ちで「頑張ってください」とは言えない、と思いました。
我々に、救援・復興に取り組む覚悟が厳しく問われています。「全力で取り組みま
す。一緒にがんばりましょう」と声をかけました。

 もう一つの感想。2日の夜にいわき駅に到着したときの印象は、「あれ、明るいな」
ということでした。津波被害をうけた地域は電柱もことごとく倒れて流されており、
いまだに停電中で、道路の信号も消えたままのところもありました。

 しかし、大半の地域で電気は復旧しています。コンビニをはじめお店の看板もふつ
うに点灯しています。一方、震災後の計画停電以来、東京都内はコンビニなどお店
の看板の照明の多くは消されています。最初は、まちが薄暗いと思いましたが、今
はこれが当たり前と思います。

 いわき市の一部は、福島原発の30匏内に入っているのに、なぜ節電しなくてい
いのかと一瞬思いましたが、福島原発は東京電力の発電所。発電が止まっても東北
のみなさんに影響はありません。

 もちろん、いわき市が明るいといっても、これまでの都心が深夜まで真昼のよう
に煌々と灯りがついていたのとは比べようもありません。都会の大量消費社会が、
福島や福井をはじめとした各地に原発を押し付けてきたのです。

 社会の在り方や生活スタイルも見つめなおす必要がある。改めて痛感しました。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメールに関するお問い合わせ先
日本共産党参議院議員 井上哲士事務所
TEL:03-6550-0321
FAX:03-6551-0321
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館321号室
satoshi_inoue@sangiin.go.jp

-- 配信先変更・配信停止を希望される方へ ------------------------------
 メールご不要の場合は、下記ページでご設定頂けます。
 http://www.inoue-satoshi.com/mailmaga/index.html
----------------------------------------------------------------------
    このメールマガジンに記載されている内容の一部または全てを無断で
    転載、複写、転送、電子的入力および再編集することは、著作権の侵
    害となりますので、お控えくださいますようお願い申し上げます。
    適度な引用はご自由にどうぞ。
                 日本共産党参議院議員 井上哲士事務所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━