[news:79] やらせ、さくら、隠蔽 (2006/12/22) 一覧へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■┃井┃上┃哲┃士┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃   
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
             http://inoue-satoshi.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井上さとしです。
 
 15日の参院本会議で、与党が教育基本法の改悪を強行しました。改悪やめよと
 メールを送ってくださった皆さんにもこのメルマガを送っています。引き続く
 ご愛読をお願いします。
 
 審議を通じて改悪の根拠が崩れ、「やらせ質問」で法案提出者としての資格も
 問われているにもかかわらず、慎重審議を求める国民世論を踏みにじって強行
 した暴挙は許せません。私は特別委員会委員として三週間余りで対政府9回、参
 考人質疑3回の12回の質疑に立ちました。理事会や国対の協議と並行しての質問
 準備は大変でしたが、多くの草の根の力に支えられて政府を追い詰めました。
 
 
 その一つがタウンミーティング(TM)や教育改革フォーラムの「やらせ」や「さ
 くら」をめぐる文科省の責任追及です。法案が成立した日に、文科省が大量の
 処分を発表しました。その中には、教基法改定の責任者である生涯学習政策局
 長の前・現2人が含まれています。文科省は、「TMは内閣府の主催。文科省の窓
 口は広報室」として責任を逃れようとしていました。私は、この言い逃れを追
 及しました。それがこうした処分につながったと思います。
 
 岐阜のTMに関する県教委の回答書を示して、文科省の教基法改定案を作った部
 署が「やらせ質問」も依頼していたことを明らかにした顛末は、メルマガの
 73で書きました(ホームページからバックナンバーが読めます)。この質問の時
 に、当時の生涯学習政策局長だった銭谷・初中局長に「あなたは知っていたの
 ではないか」とただすと、息吹文科大臣が色をなして立ち上がり、局長に答弁
 させませんでした。「知っていた」といえば大問題、「知らなかった」といえ
 ばウソになるからでしょう。
 
 銭谷氏が相対的に重い処分になったのは、岐阜のTMの際に、事実上「やらせ質
 問」を指示したことが理由。私の質問が核心をついていたこと、だからこそ文
 科相があわてたことが、浮かび上がってきました。
 
 私がもう一つ、明らかにしたのは、教育改革フォーラムでの「やらせ」「さく
 ら」です。こちらは文科省主催ですから逃げるわけに行きません。一番注目し
 たのは、1100万円もかけて東京、香川、石川の三会場を衛星放送でつないだ03
 年10月4日のものです。党の地方議員団を通じて調べ、東京会場では参加者の一
 般公募が行なわれたが、香川、石川会場は教育委員会が動員した人しか参加し
 ていないことが分かってきました。
 
 2会場から1人ずつ発言しています。その人物や発言の様子が特定できないかと
 探しましたが、なかなか分かりません。あきらめかけていた時、宮城で、当日
 のビデオが入手できそうだという連絡がありました。大急ぎで宮城の教職員組
 合の方に新幹線でビデオを持ってきてもらいました。
 
 丁度、国会への座り込みに来ていた香川の教職員組合の方に私の部屋で見ても
 らうと、香川会場で発言した女性は、小学校の校長先生ではないかという返事。
 確かめるために画面を写メールで香川に送ってもらいました。「間違いない」
 という返事です。同様に石川会場で発言した人の画像もダウンロードして石川
 に送り、教職員組合の皆さんに見てもらいました。県教育委員会の主導主事を
 していた人に違いないという返事です。
 
 2人とも発言の際に職業を名乗らず、いかにも一般市民のように見えます。衛星
 放送を通じて発言を見た東京会場の一般参加者は、まさか香川、石川の会場の
 参加者はすべて教育委員会の動員であり、発言した人が関係者だったとは思わ
 なかったでしょう。TMのように一般参加者にまじった関係者に発言させるので
 はなく、参加者がすべて関係者だったわけですから、まさに「集団やらせ」で
 す。
 
  さらに間違いないように、香川の校長先生本人から発言したことを確認して
 もらいました (「自発的に発言した」ということでしたが…) 。確認できたの
 は質問前日で、忘年会の会場だったとのこと。 こうした関係者の皆さんの努力
 がすべて合わさって、私の質問になり、文科省を追い詰めました。
 
  このように文科省が「やらせ」「さくら」「浪費」に加え「隠蔽」までして
 いたにもかかわらず、数の力で強行したことは、教育にもっとも反する暴挙で
 す。しかし、どんなに改悪しても、大きく広がった国民的共同を壊すことは出
 来ません。日本国憲法の縛りからも逃れることはできません。憲法に依拠して、
 改悪基本法の具体化と教育現場への押し付けを許さないために、引き続きがん
 ばりましょう。
 
  一泊人間ドックの部屋のベッドサイドからの発信です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメールに関するお問い合わせ先
日本共産党参議院議員 井上哲士事務所
TEL/FAX 03-3508-8710
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館710号室
satoshi_inoue@sangiin.go.jp

-- 配信先変更・配信停止を希望される方へ ------------------------------
 メールご不要・送付先変更の場合は、下記ページでご設定頂けます。
 http://inoue-satoshi.com/Jmm/magazine/news/
----------------------------------------------------------------------
    このメールマガジンに記載されている内容の一部または全てを無断で
    転載、複写、転送、電子的入力および再編集することは、著作権の侵
    害となりますので、お控えくださいますようお願い申し上げます。
    適度な引用はご自由にどうぞ。
                 日本共産党参議院議員 井上哲士事務所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━