活動日誌

ホーム の中の 活動日誌

このページでは最新の10件を表示しています。

 200226 公的病院.jpg8:15からの国対会議の後、午前中は予算審議に向けての参院議員団の論戦会議。その後、議員会館が開かれた「公立公的病院統合阻止意思統一集会」に出席し一言挨拶しました。

 先日政府要請に同席した新潟は、農村地域と中山間地が広がり、医療効率や採算面から民間医療が参入しにくく、公立・公的病院の比率が全国平均より図るかに多い現状。

 しかも豪雪地域の交通事情などの困難もある中、公立・公的病院は「最後の砦」となって地域医療に重要な役割を果たしてがいます。必要なのは国の支援の拡充です。 にもかかわらず、こうした役割など検証せずに、一方的に発表された病院リスト。新潟では公立・公的病院41 のうち22病院、55.7%が含まれ全国一割合が高くなっています。

 懸命の努力を続ける自治体や関係者にどれだけのショックを与え、妨害となっているか。こんなリストは撤回させ地域医療を守ろう!――と訴えました。

  午後からは衆院予算委の集中審議をテレビ視聴しながら、論戦準備など。野党は、後手後手の新型コロナ対策や検察人事介入問題など追及。日本共産党からは藤野やすふみ議員が質問にたち、鋭く追及しました。

 16時からは全労連会館で開かれた憲法共同センターの運営委員会で国会報告をしました。

 辺野古米軍基地埋立地の軟弱地盤問題で、立石新潟大学名誉教授からお話を聞きました。赤旗日曜版がスクープしたように、水深90mまで軟弱地盤が達する強度データの隠蔽が発覚。このデータに基づき立石先生のグループが試算し「最悪、護岸が崩壊」と発表したことはマスコミでも大きく報道されました。

 防衛省は該当地域のB27地点の力学的強度を直接測定せず、より陸側の3地点の試験結果をもって、B-27地点も同じ地層だから、その力学的強度も同じという論理で調査を拒否しています。しかし、土層が同じだから土質は同じとはいえず、再調査拒否の理由にはならないということを具体的にお話し頂きました。今後の論戦に活かしていきます。

 原爆症の認定申請を却下された白内障などを患う被爆者が処分の取り消しを求めていた三訴訟の上告審判決が最高裁であり、すべて原爆症と認定しない不当判決。被爆者救済に背を向けるものです。怒、怒、怒です。

 

 200224 長岡.jpg新潟県長岡市で午後から開かれた「改憲発議に反対する全国緊急署名・長岡スタート集会」に参加しました。「安倍改憲NO!全国市民アクション@長岡」の主催。会場一杯参参加者でした。

 沢田研二さんの「我が窮状」の動画上映で始まり、発起人の一人である浄土真宗本願寺派僧侶の眞敷祐孝さんの挨拶、立憲民主、国民民主、社民の各党の挨拶に続き、私が日本共産党を代表しての挨拶と国会報告かねてお話しをしました。

200224 長岡2.jpg 桜問題や検察幹部の定年延長問題など、まともな説明ができなくても居直り、消費税増税後の景気の大幅後退の数字がでても「ゆるやかな回復基調」とのべて誤りを認めない安倍総理。その背景には、総理が年頭の会見で憲法改定について「私自身の手で成し遂げていく」と語つたように、自分の手で改憲をやるという執念があります。

 私は、安倍政権の行政私物化、法治主義破壊を許さぬ闘いと改憲発議を許さぬ闘いは一体だと強調。通常国会での野党共闘の一層の発展についても紹介し、改憲発議許さず、安倍政権を倒して野党連立政権をと呼びかけました。

 続いての講演は国会前でコールやスピーチでいつもご一緒する菱山南帆子さんでした。

日仏会館.jpg「第8回吉田ウィンター フレンドシップコンサート」――私が住んでいる京都市左京区の吉田学区で取り組まれている地域のイベントを楽しみました。

 わが吉田学区は真ん中に京大のキャンパスがあり、さらに吉田神社、日仏、日伊、日独のそれぞれの会館など国際交流施設もあります。この吉田学区にあった区役所の移転反対運動のなかで吉田に文化コミュニティをという声が広がり、とても文化的に恵まれた地域の特性を生かして冬と夏に取り組まれてきたコンサート。

 地域や、京大の職員・学生のそれぞれサークル・グループ・個人で音楽、太鼓、躍りなどが演じられます。

 20吉田コンサート.jpg今日はアンスティチュ・フランセ関西(旧 関西日仏学館)のホールで開かれ、冒頭、館長のジュール・イルマン在京都フランス総領事からご挨拶があり、私や光永府議、富樫市議も来賓としてご紹介いただきました。

 今宮太鼓の勇壮な演奏で始まり、オカリナサークルの心にしみる音色、さらに宮京大職組のフォークグループPPM2.5が登場し京大大学院教授の高山加奈子さんもアコーデオンを弾きながら歌われました。

 立ち見が出るほどの盛況。都合で中座しましたが、今日は18組の演奏があり、地域女性会の皆さん踊り、精華高校の吹奏楽部、ジャズやゴスペル、シャンソン、フォーク、ビアノなどの演奏が夕方まで続きます。

 関係者の皆さん、お疲れ様です、そしてありがとうございます。

  IMG_0479.JPG広島県三次市の実家を朝出て京都へ帰り、午後から京都弁護士会と日本共産党京都府委員会の懇談会に参加。京都弁護士会から三野会長、弁政連京都支部から白浜支部長ら11人の弁護士が参加され、国会から穀田、倉林両議員と私、府議会から光永、原田、京都市議会から井坂、西野各議員が参加しました。

 弁護士会から、「観光需要の増大と観光地の保全及び市民生活の調和について」「弁護士による出町事業への公的補助について」「少年法適用年齢の引き下げについて」の三つのテーマで報告があり、それぞれ質問と国会や地方議会での議論も紹介しながらの意見交換。

 私からは少年法の適用年齢引き下げについて、世論の多数は賛成で自民党内にも「厳罰化」を主張する議員が」多数の下でも、弁護士会や少年司法関係者の皆さんの取り組みで今国会への法案提出を許さなかったことに敬意を表しつつ、国会や与党の動きなどについて報告。

 IMG_0480.JPG現行少年法が有効に機能しており、少年の検挙者が減少の一途をたどっていること、逆に適用年齢を引き下げることにより調査や保護処分により教化をはかるという少年法が果たしてきた役割が失わることなど議論になりました。引き続き、力を合わせていきます。

 また、京都府が今年度、留置施設視察委員会に弁護士会推薦を依頼しながら、弁護士を選任しなかった問題で、警察庁からレクを受けた内容やその後提出された資料も紹介。

 人権保障のために第三者の目を留置施設の運営に反映させる同意委員会の趣旨からも、国際的流れにも反したものであることを指摘しました。京都府議団も今後、府議会で追及する予定です。

 充実した懇談ができました。

続いて、府委員会の事務所で「京都民報」の取材を受けました。

 202021錦帯橋.jpg参院外交防衛委員会の委員派遣2日目。岩国市の錦帯橋近くのホテルを朝出て、市内の「愛宕スポーツコンプレックス」を福田岩国市長の案内で視察。米軍再編に伴って整備された、野球場、陸上競技場、カルチャーセンターがあり、日米共同使用されています。

続いて、市長から岩国基地に関する市の取り組みについて概要説明をうけ懇談。特に夜間の騒音軽減や国の騒音対策の強化の必要性や再編交付金終了後の新たな交付金施策の要望が出されました。視察、懇談中も何度も米軍機の大きな爆音が聞こえました。

200221岩国.jpg続いて海上自衛隊呉地方総監部へ移動。海上自衛隊の現状と課題、アデン湾海賊対処行動、自衛隊の中東派遣等について説明を受け、意見交換をしました。

 昼食は隊員の食堂で「カレー」。海上自衛隊は毎週金曜日の昼食のメニューはカレー。海外出動中も同じで、「帰国まであと〇カレー」とカレーの回数で数えるとのこと。

 ここで視察は終了。東京に帰るために飛行場に行く委員と地方に行く委員と別れ、私も呉駅からJRで広島へ。明日午後の京都日程まで時間があるので、三次市の実家に帰りました。

 今日明日は、外交防衛委員会の委員派遣。7時に議員宿舎を出て、空路でまずは神戸市へ。国連人道問題調整事務所(OCHA)神戸事務所、国連防災機関(UNDRR)、JICA関西のそれぞれから概況説明を聞き、意見交換。

 JICAでは、防災分野での国際貢献について説明をうけ、外国からの研修生の方による研修成果の発表も聞かせていただきました。

 昼食会では、SDGsに基づくJICAの中小企業支援スキームで海外進出をされている企業の社長さんや大阪商工会議者の方からお話をお聞きしました。 写真はJICAでのSDGsの展示場で。

 新幹線で広島に移動し、バスに乗り換えて海上自衛隊岩国航空基地へ。基地の概況、艦載機移駐の影響と騒音対策など説明を聞き、意見交換をしました。終了後、錦帯橋近くのホテルへ移動し宿泊。

午前中は日弁連主催の「国際水準の人権保障システムの実現を目指す院内集会~障がい者の人権、ヘイトスピーチ、子どもの人権などを踏まえて考える~」に参加。

 参加した与野党の国会議員が一言スピーチ。私は、参院外交防衛委員会での女性差別撤廃条約選択議定書の批准を求める請願をかつては全会一致で採択していたのに、この間、自民党などが「保留」を主張して採択できなくなっていることを紹介。

選択議定書が未批准で個人通報制度を使えないことが女性差別撤廃条約の内容の実現の足かせとなり、男女平等のランクが121位まで下がっていると指摘、早期批准への決意を述べました。

 200219プロサバンナ.jpg午後は、日本がモザンビークでODAとして進めている大規模農業開発、プロサバンナに関する国会議員勉強会。九人の国会議員の主催で、私は司会を担当しました。

 昨年12月に続き二回目の勉強会。外務省、JICAから出席があり、NGOや市民団体の皆さんと共に議論しました。

 一番の焦点になったのは、一昨年九月のモザンビークの行政裁判所が、同事業における情報開示が十分行われていないことは人権侵害だとして違憲判決を下しことへのJICAの態度。

 「モザンビーク政府の問題」だとして、自らの責任を認めようとしないJICAに対し「国民の税金を使って支援した事業を巡って違憲判決が確定していることを重く受け止めるべき」「事業は中止せよ」などの声が相次ぎました。

 立憲の辻元議員へのヤジへの総理の謝罪から始まった昨日からの予算委。「桜を見る会」前夜祭について総理が三か月間にわたりウソの答弁をしてきた疑惑が一段と深まりました。辻元議員の問い合わせにたいし、ANAインターコンチネンタルホテルが、明細者を出さない場合も、宛名のない領収書を出すことも政治家に特別扱いをすることも「ない」とメールで回答したのです。

 これまでの総理答弁がウソだったことになります。総理は、午後の答弁で「事務所から問い合わせたら、辻元議員には一般論で回答したのであり、営業上の秘密から個々の取り組みは含まれていないとのことだつた」と言い訳をしました。

 ところがその日のうちのマスコミの取材に、ホテル側は「そのような回答はしていない」と返答しました。いよいよ総理答弁がウソという疑惑が深まりました。野党側は事実関係について、総理に文書による回答を求め、それなしに審議はできないと主張。遅れて与党と維新だけで開会しましたが、その後休憩となり与野党協議。

 午後、再開ととなりましたが、菅官房長官はこの問題での質問にまともに答えず、たびたび中断しました。

 日本共産党は昨日は高橋議員がコスモウィルス対策と公立病院の統廃合問題で、今日は宮本徹議員がコロナウィルス問題、田村貴昭議員が真毛島への軍事基地建設問題でそれぞれ質問しました。

 留置施設.jpg今日は午前中、置施設視察委員会について倉林議員とともに警察庁からレク。警察の留置施設の運営の透明性確保のために第三者で作られた委員会で、都道府県を基本に全国51カ所に設置されています。

 今年度、京都府では初めて弁護士会推薦の弁護士が定数6の委員に選ばれなかったことが地元紙でも大きく報道されています。決めるのは公安委員会ですが、京都府警は弁護士会に推薦を依頼しな柄、弁護士を外した名簿を提案しました。全国的に委員の21%は弁護士で、弁護士を選んでいないのは全国で京都だけとの説明。

 留置施設の人権問題の対応のために、弁護士を選任するよう国連からも勧告されています。京都府警の対応は制度の趣旨にも世界の流れにも反しています。

 午後には、「武器輸出反対ネットワーク」の皆さんの来訪を受け懇談しました。

 IMG_0472.JPG京都を朝出て浜松市へ。今日は、約1万6千人が参加する京都マラソン。我が家の近くもコースになっており、あいにくの雨ですが、スタッフの方が準備中でした。ご苦労様です。

 浜松市では天竜区の党後援会の新春の集いに参加。浜松市は合併により全国で2番目に広い市(1番は高山市)で、演説会や街宣も中心部が多く、旧天竜市などによる天竜区でお話しするのは初めてです。

 浜松駅で新幹線を降り、遠州鉄道に乗り換えて30分余で終点の西鹿島駅に到着。天竜民商会長の鈴木さんにお迎えに来ていただきました。車中でお話ししていて、ここが、京都在住の日本画家、故・秋野不矩さんの出身地であることを知りました。

 秋野さんは、創画会の結成に参画された私の好きな画家の一人。記念美術館もありますが、あいにくリニューアルのために休館中とのこと。ぜひ、次の機会に訪れたい。

 集いでは、国会報告を行い、質疑応答を含めて一時間弱。質問の中で、立命大卒業で京都市長選挙に応援に行った方から、市長選での相乗り問題と今後の野党共闘についてご質問がありました。

 京都市長選の出口調査を見れば支持者のレベルでは、野党共闘願う人が大きな流れになっていること、総理の反共デマ答弁に対して野党がそろって撤回を求めるなど国会での共同のレベルがさらに上がっていることを示し、野党共闘で安倍政権を倒す流れに揺るぎがないことを強調しました。

 お話しを終え、酒井とよみ市議の議会報告にバトンタッチして会場を出る時に2人の女性が外まで見送りに来てくださいました。いずれも蜷川府政時代の京都で学生生活を送り活動された方。「京都市長選、カンパ送りました」「綿毛のように頑張ってます」と言われたのが印象的でした。

 全国を回ると、「学生時代は京都で活動した」という方とたくさんお会いします。綿毛のように全国に広がり、そこに根を下ろして花を咲かせ、実を結ばせようと奮闘されているみなさんに励まされます。

 さあ、がんぱろう。あ、もちろん参加者の皆さんに「お帰りになったら、手洗いを忘れずに」と強調しました。

 東京に戻り、23時頃に愛知県弥富市議選結果が判明。日本共産党の2候補は板倉克典1188票5位、那須英二1088票6位と上位当選。板倉候補が三宮議員のバトンを受け継ぎ、引き続き二議席を確保しました。

おめでとうございます! \(^o^)/ ヽ(^。^)ノ

ページ最上部へ戻る