活動日誌

ホーム の中の 活動日誌

このページでは最新の10件を表示しています。

 最大震度六弱の大阪北部地震。残念ながら犠牲者が出てしまいました。心より哀悼の意を表し、被災者の皆さんにお見舞い申し上げます。日本共産党は山下副委員長を本部長とする対策本部を立ち上げました。

 我が家のある京都市は震度五強。京都府や京都市の東京事務所からは、被害状況の報告が届きます。京都では人命にかかわる被害は出ていませんが、けがをされた方、天井、窓ガラス等の破損などの建物の被害、水道管の損傷などライフラインに係わる被害等でています。

 妻に電話すると、食器棚の中でグラスなどが壊れたが、けがなどはないとのこと。安心しました。阪神大震災の時、早朝の大きな揺れに、生まれたばかりの我が子に思わず覆いかぶさったことを思い出します。あの時も食器棚の中の者がずいぶん壊れました。

 午後から決算委員会の締めくくり総括質疑。辰巳議員が米朝首脳会談、森友問題で総理に質問。森友問題で新たな内部文書も示して、さらに隠ぺいが続いていると追及しました。

 15:30から外交防衛委員会の理事懇が開かれ、明日の一般質疑を決定。夕方に通告しました。

 岐阜演説会.jpg午後から岐阜市内で穀田恵二国対委員長を迎えての大演説会。高木光弘参院選挙区予定候補、中川ゆう子岐阜県議、笹田トヨ子大垣市議(県議予定候補)と共に訴えました。終了後、東京へ。辰巳コータロー議員と明日の決算委員会の質問の打ち合わせ。

 池井戸潤さん原作の『空飛ぶタイヤ』が映画化されて話題になっています。三菱自動車リコール隠し事件をモデルしたもの。実は当時、この事件を衆院では瀬古議員が、参院予算委では私が取り上げています。

 議事録はこちら。映画と合わせてどうぞ。http://www.inoue-satoshi.com/kokkai/2004_159/yosan_040326.html

吉田山.jpg 朝は早起きして、我が家の裏の吉田山を散策。とっても清々しい。昼前に京都を出て、浜松市へ。田村智子副委員長を迎えての演説会。鈴木ちか選挙区候補、平賀たかじげ県議、浜松市議団、湖西市議団の皆さんとともに、必勝を訴えました。

 帰りに、浜松駅で釜揚げのシラスと桜えびを買って帰り、夕食に二色丼を作りました。静岡駅で昼食の時は、いつもこれ。妻にも好評でした。

 池田ちかこ.jpg午前中は本会議。議了案件の採決があり、卸売り市場法改正案では紙議員が反対討論に立ちました。昼過ぎに、新潟知事選の候補として大奮闘された池田ちか子さんが、日本共産党国会議員にご挨拶に来られました。

 選対の菊田真紀子本部長、森裕子幹事長らもご一緒。花束をお渡しして奮闘をねぎらい、池田さんの素晴らしい訴えや新潟でも共同の積み重ねが力になったこと、柏崎刈羽原発の再稼働を許さないようしっかり監視していくことなど語りあい、ました。お疲れ様でした! 

 午後には、米朝首脳会談に関連して、日米首脳・外書会談、日米間外相会談について外務省からレクを受けました。

 京都演説会.jpg15時に国会を出て京都に帰り、京都市内で志位委員長を迎えた演説会。2600人人が参加して熱気に溢れ。京都府、市議会選挙の候補の皆さん、倉林明子参院議員と共に決意を述べ、声援にこたえました。ガンバロー

 

各派代表者会議.jpg参院各派代表者懇談会が昨日に続いて朝9時から開かれ山下議員団長と共に参加。自民党が、昨日の懇談会で出された同党の参院選挙制度改革案に対する各党からの疑問について回答しました。

 各党からは「自民党から説明があり、議論の出発点だ」など、引き続く議論を求める声が相次ぎました。

 ところが伊達議長は、「改革案がある党は法律案として出してもらい、本会議・委員会で議論を」との述べて協議

IMG_5462.JPG

を打ち切り、各党の合意形成の努力を放棄しました。その後、山下さんと一緒に抗議の会見。

 午後に、愛知保険医協会の皆さんが、医療への消費税のゼロ税率適用を求める要請に来られ、しばし懇談。

 本会議 (2).jpg午前中の本会議でTPP11の反対討論に立ちました。冒頭、昨日の米朝首脳会談の歴史的意義について触れ、非核化と平和構築の開始であり、米朝間の対話とともに各国の努力、国際世論の重要性を強調し、日本も役割を果たすよう求めました。

 野党時代には「TPP断固反対」とポスターを張っていた自民党が政権復帰後、TPP推進に転じたことを上げ、TPP問題は今日の安倍暴走政治、隠ぺい改ざん政治の出発点だと指摘。委員会質疑で明らかになって問題点をあげて断固反対を表明しました。

 13時から倫理選挙特別委員会。参院選挙区選挙の政見放送にビデオ持ち込み方式を認め、手話や字幕も可能にするもの。より有権者に分かりやす政見を訴えられるようにすることは必要です。しかし法案は、政党等の公認・推薦候補にのみ持ち込みを認めるもの。

 本会議 (1).jpg個人の行う選挙運動は平等という公選法の原則に反し、これまで多くの無所属議員が活躍してきた参議院で、市民と政党が共同して候補者を擁立することを妨げることになると指摘。反対討論も行いました。

 13時から伊達衆院議長のもとでの各派代表者会議に出席。参院選挙制度改革について、自民党案が議論になりましたが、自民党から説明もないままに議長が議論を打ち切り、改革案がある党は明後日までに法案として提出をとのべて散会しようとしたため紛糾。明日朝、再度協議することになりました。

 IMG_5459.JPG外交防衛委員会でTPP11の二回目の質疑。EUは「ISDSは死んだ」といい、米国のライトハイザー通商代表も「ISDSは国家主権上の問題がある」と述べるなど、ISDS見直しは世界の流れになっており、TPPに固執する日本は取り残されていると指摘しました。

 質疑終了後、討論、採決が行われ、民進、立民、沖縄の風の議員とともに私も反対討論に立ちました。

 質疑の冒頭で、京丹波市の米軍Xバンドレーダー基地の問題も取り上げました。ドクターヘリ飛行のために停波要請したのに、されなかった問題で防衛省は「意思疎通の問題があった」としていますが「要請しても停波しない場合もあるのか」と聞いても、明確な答えはなし。合意の文書では、速やかに停波することになっています。実態はどうなのかマニュアルを提出するよう求めました。

   午後からは明日の本会議反対討論と倫理選挙特別委員会での質問と討論の準備。15時から歯医者に行き、夕方に通告。夜は麹町議員宿舎の総会と懇親会に出た後、引き続き原稿の仕上げ。

 昨日の月曜日は、午前中は幹部会で13時から四中総。9月末までの党勢拡大の月間に取り組むことを決めました。総会を中座して国会に戻り外交防衛委員会の理事懇、倫理選挙特別委員会の理事懇に出席。夕方には山下議員団長とともに、参院選挙改革の問題で伊達参院議長と懇談しました。

 

 34836765_1152576158229201_3860113604015554560_n.jpg新潟知事選投票日。23時ころに相手候補に当確が出て、池田ちか子候補は大健闘の末、惜敗。残念です。しかし、世論の中で自公候補が原発再稼働推進を公言できなかったことは重要な事実。

さらに、絶対に再稼働させない世論と運動を強めることが必要です。池田さん、素晴らしい候補でした。ありがとう。

 静岡演説会.jpg京都を朝出て一宮市で開かれた愛知県商工団体連合会の総会で挨拶。続いて静岡市に移動。田村智子副委員長を迎えての大演説会で、鈴木ちか参院選挙区候補、鈴木せつ子静岡市議・県議候補のW鈴木と共に決意表明をしました。

 同時刻の国会前行動には2万7千人の参加とのこと。安倍内閣退陣へ、さらに声を広げよう。 

 IMG_5455.JPG金沢駅前のホテルを朝出て京都へ。京都府委員会の事務所で「赤旗」関西版の選挙企画のインタビューを受けた後、昼過ぎのJRで宮津市へ。17日告示の市議選応援です。

 長林みよ、宇都宮綾(以上現)、おのう孝之(新)で、18から16へと定数減の中、現有三議席の確保を目指します。それぞれの候補と事務所開きが街宣で訴え、夕方には三候補そろっての街宣。はっきりものを言い、しっかり行動し、きっちり報告する市議団。市政の流れを変えるとともに、安倍政権ノーの声示す選挙。なんしても押し上げてと訴え。 

 終了後、京都市の自宅へ。

午前中は本会議。卸売市場法の質疑が行われ、日本共産党から紙議員が質問に立ちました。午後から参院改革協。先週提示された自民党の参院選挙改革案について議論しました。

同案は、合区で擁立できない県の候補を比例区で救済できるよう、比例区の一部に「拘束名簿方式」を導入するほか、比例区と埼玉選挙区の定数増を盛り込んでいます。与党の公明党からは「やむを得ない」としましたが、すべての野党から批判的な意見が出されました。

 私は、「日本の国会議員の数は人口比で国際的にも少なく、削減に反対してきた。民意を反映するために定数増は必要」とした上で、「求められているのは、前回の改定公選法附則に書き込まれた「抜本改革」だ。自民党案は今の制度の枠内での調整であり、拘束名簿方式は自民党の都合にあわせたもの。「抜本改正」には程遠く賛同できない」と表明しました。 

 各党の意見にたいし自民党は「厳しい批判を頂いた」「ベストではないがベターな案だ」などと発言。吉田博美座長(自民党)は「厳しい意見も出たが1年後に選挙は迫っている。意見や批判を含め議長に報告したい」と発言。今後の議論の在り方については「議長の判断にゆだねる」との姿勢を示しました。

 その後、倫理選挙特別委の理事懇メンバーで、NHKにも来てもらい、参院選挙の政見放送を巡って議論しました。15時に国会を出て、新潟県上越市へ。

 IMG_5404.JPG新幹線で上越妙高駅で降りると、自民党の参院議員とご一緒でした。「選挙ですね」と声をかけると「そちらが強いから」と一言。相手も必死。ファイトがわきます。知事選と同時投票の県議補選の市民と野党の共同候補のひららぎ哲也・前上越市議とドッキングし、2ヵ所で街頭演説会。文字通り1票争う大激戦。原発再稼働許さず、安倍政権退陣の一票は、知事は池田ちかこ、県議は平良議へと訴えました。

その後、池田候補の選挙事務所を激励訪問。途中、藤野保史衆院議員が街頭演説していました。上越市には明日朝から武田参院議員が入るとのこと。最後の最後まで広げ切ろう!

 終了後、金沢市へ移動。

ページ最上部へ戻る