活動日誌

ホーム の中の 活動日誌

このページでは最新の10件を表示しています。

 左京沖縄集会.jpg午前中は国会でマスコミ取材、午後は議員団の会議が三つ。間に資料整理や打ち合わせなど。 夕方の新幹線で京都に帰り、左京区の「沖縄連帯集会」で会場いっぱいの参加者に報告しました。

 世論調査でも最大の争点が辺野古新基地であることが浮き彫りに。マスコミが「態度を明らかにしていない」としてきた相手候補も、討論会で「政府が決める事」と発言し推進派であることが明白に。

地元紙の世論調査でも翁長さんを評価するとした県民は実に四分の三。翁長さんの遺志継ぐデニーさんで新基地を阻止し、誇りある豊かさの「沖縄新時代を」と訴え。

 その後、大分に転居される新井進・元府議の歓送会に修了間際ぎりぎりに滑り込み、挨拶することができました。新井さんにはお世話になり、たくさんのことを教えていただきました。ありがとうございました!

IMG_5983.JPG 昨夜うちに愛知県から新潟市に移動し、朝から胎内市議選の応援に。町議から9期目の丸山たかひろさんと補選で当選のはたの孝子さんとで引き続く2議席をめざします。

 1議席の時にも県内で初の「住宅リフォーム助成制度」や高校卒業までの子どもの医療費助成を実現。2議席になるとわずかな期間に国保税の引き下げや、病児・病後児保育室の開設を実現してきました。

IMG_5996.JPG この夏、全国1、2位の暑さで、40.8度という北越地域で史上最高気温も記録。小中学校へのエアコン設置の党の申入れに市長は「検討を始める」と回答。2人当選で住民の願い実現のパワーをアップし、必ず設置させよう! と訴えました。 

東京に戻り、夜は『星は見ている』の朗読会に参加。母校・広島国泰寺高校の前身で原爆でほぼ全滅した広島一中一年生の父母の追悼集から二編を米国在住の俳優・演出家の曽我潤心さんが一時間かけて朗読しました。

 亡くなった先輩の無念や原爆の悲惨さが胸に突き刺さりました。会場には、東京鯉城同窓会の先輩・後輩の姿もありました。改めて、自分の原点をかみしめました。

 「この本には、絶対に二度と同じ事を繰り返してはならないという強い意思と願いが詰まっています。今の世界を戦争から遠ざけ、平和な未来へと導く力のある本だと確信しております」と語っている、曽我さんのFBを紹介します。https://www.facebook.com/events/904319036414545/ 

 IMG_5977.JPG京都を朝出て愛知県へ。午前は名古屋市中区で後援会の「夏のつどい」。午後は一宮市で党一宮・尾北地区主催の「ビックなつどい」に、すやま初美選挙区候補と共に参加してました。

 金山駅近くの公園で開かれ、勇壮な太鼓演奏で始まった南区の集いでは、西山あさみ市議の軽快なコディネートで、すやまさんと「トークライブ」。政治家としての原点や、米朝首脳会談後の平和の流れ、野党共闘の前進などお話ししました。

 模擬店を回り、沖縄連帯の「沖縄そば」や、岐阜で今朝とれた鮎の塩焼きなど満腹になりながら交流ができました。

 IMG_5978.JPG午後のつどいでは、すやまさんと共に訴えた後、「なんでも聞いてみよう」コーナー。「国対委員長は何をするんですか」「米軍基地はどのようになくしていきますか」「安倍首相との国会質疑感想は」「政党助成金は受け取って被災地に贈っては」「書籍・雑誌の軽減税率導入による有害図書排除に問題などの国会に関する質問に答えました。

 同時に、「体調管理やスポーツ流行ってますか」「お酒は飲みますか?志位さんとも飲む機会は?」などなど多彩な質問も。汗をかきかき、お答えしましたが、納得いただいたかな。

 IMG_5973.JPGお酒については「決めています。週一回............休肝日を取ります」と明確に答えました。最後に板倉まさふみ県議候補、一宮市、岩倉市の議員・候補の皆さんと共に激励にこたえました。

 終了後、明日の胎内市議選の応援のため、新潟市へ移動中。

 春日井演説会.jpg市田副委員長を迎えて愛知県春日井市で演説会。会場一般の330人の参加でした。前回は463票差出次点だった悲願の県議の実現へ。市議九期の内田さんを何としても押し上げ、市議選、町議選での全員当選、参院選での比例七議席、選挙区須山さんの勝利へ意気高い演説会となりました。

 終了後は入党相談会。市田さんとお話しされた女性が入党してくださいました。嬉しい!

 京都を朝出て、午前中は名古屋市東区で「集い」。党員のお宅をお借りして、ご近所の方など10人の集まり。様々な意見や質問が出され、ひざを突き合わして語り合うことができました。

池住対談.jpg 午後から名古屋市へ。名古屋高裁でのイラク自衛隊派遣違憲判決から10年にあたり、愛知民報の企画で、同「訴訟の会」の代表だった池住義憲さんと対談。同判決は、自衛隊の活動地域が「非戦闘地域」ではなく、他国の武力行使と一体であり違憲としました。その正しさは、明らかになったイラク日報にでも裏付けられました。

 このイラクにおける「戦争の真実」を隠ぺいしたまま、安保法制では、戦争中の他国軍隊への支援を従来の「非戦闘地域」から大きく広げました。こんな違憲立法は廃止するしかありません。同時に、同判決が「平和的生存権」を認めたことの意義も再確認し、九条改悪許さぬたたかいの力にと語り合いました。23日号に掲載予定。乞う洪ご期待。

 南区・田村.jpg京都に戻り、夜は田村智子副委員長を迎えて京都市南区での演説会。府会は定数三で山内よしこ府議を市会は定数五で、井上けんじ、森田ゆみこの二人の市議を持つ南区。沖縄知事選、府・市議選、参院選での連続勝利を訴えました。

探偵バクモン.jpg昨日、今日は神奈川県内で、国会議員団の夏季研修会。志位委員長が「日本共産党綱領のいくつかの論点について」、笠井政策委員長の「当面の内外経済情勢と課題」の二つの講義と質疑、北海道地震と台風21号被害状況と党の取り組みの報告等の内容で、臨時国会と選挙勝利に向けた課題が明らかになり、団結もいっそう深まりました。がんばるぞ!

  国会に戻り、台風21号被害対策本部の会議。山下よしき本部長のもとで、それぞれが災害調査に入ってつかんできた現状と課題を出し合いました。特に、関西空港に浸水、高潮被害、広範囲の停電について、かつてない事態であり、さらに被害状況

 夜、議員宿舎でのNHKの『探検バクモン』の「爆笑問題が国会議事堂へ!」を見ていたら、議事堂の中央階段が初登院の時しか通れないという話題になり、いきなり私の映像がでてビックり。2001年に初当選した時の初登院の様子でした。若い!

 震災対策.jpg一年の一度の人間ドック。東京の代々木病院でお世話になっています。8:30が始まり、胃カメラ、レントゲン、腹部エコーを次々と回り、10時半には終了。井の中も「きれいですね」と言っていただきました(^^)v

 議員会館に戻り、デスクワークなどあれこれ。午後から、北海道胆振東部地震をめぐる野党合同対策会議が開かれました。災害対策での野党合同会議は初めてのこと。野党共闘はさらに進化しています。災害対策の臨時国会の早期開催、野党共同で提出した被災者生活再建支援法改正案の成立を!

 

 IMG_5933.JPG京都を朝出て京丹後市へ。「米軍レーダー基地問題報告会」で国会報告のためです。報告会の前に、経ヶ岬の米軍Xバンドレーダー基地を京丹後市議団や地元の皆さんと視察しました。

 京都で初めての米軍基地として本格運用が開始されて四年近くになりますが、住民の安心安全を脅かす地元との約束違反が次々と生じています。第二期工事の中では、主権侵害である敷地外掘削が行われ、原則実施しないとされた休日工事が強行されています。

 IMG_5925.JPG報告会では、この間の取り組みや府議会、京丹後市議会、基地の現地からの報告が行われました。私は、米軍が、ドクターヘリ運行のための停波要請を受けたにも関わらず停波しなかった問題を国会でとりあげ、防衛省が「米軍の運用上やむを得ない場合を除き、要請を認めるもの」と回答したことを紹介。

 京都府と防衛省との合意内容が何の条件も付けず「緊急時のヘリの運行に支障が無いよう、米側は停波要請があれば速やかにレーダーを停波する」としていることと、明らかに食い違うと指摘しました。

 そして、沖縄での米軍オスプレイ配備の際の日米の合意文書で、飛行経路は「できる限り学校や病院を含む人口密集地域を避ける」とされながら、人口密集地上空での飛行が繰り返されていることも紹介。

 「結局、日米地位協定の下で、米軍の運用が国民の安全や命より優先されている」といると指摘し、「米軍は約束を守る気がないし、政府も守らせる気がない、基地撤去しかない」と強調しました。

 終了後、地区委員長から参加した90歳の男性を「入党をお勧めしている方です」と紹介されました。男性は「もう九十だからできることはない」と言われましたが、田中角栄元首相が「戦争を知っている世代が政治の中枢にいるうちは心配ない。だが戦争を知らない世代が政治の中枢となったときにはとても危ない」と述べていたことを紹介。

 自民党の元総理も危惧をしていた事態が今。戦争を知る世代として、できることで力を貸してほしいとお話しました。

 IMG_5934.JPGその後、舞鶴市で演説会があったため、すぐに出発しましたが、「入党していただきました」とのメールをもらいました。嬉しい!

舞鶴市では田村智子副委員長を迎えての演説会。11月の市長選候補の、現職の伊田悦子、小杉悦子、石束悦子の「三人悦子」と新人の小西洋一さん、4月の府議選候補の後野市議と共に訴えました。その後、京都を経由して東京へ。

下鴨.jpg 朝から富樫豊前京都市議と共に左京区内の台風による強風被害を見て回りました。松ヶ崎では木が倒れて電線に寄りかかり停電になったり、屋根が剥がれて飛んだ現場でお話しを聞きました。

 下鴨神社では巨木が根こそぎ倒れたり幹が折れている光景に驚きました。吉田神社でも大木が折れています。お聞きした要望はすぐ生かさねば。我が家もテレビアンテナが倒れて写らない状況ですが、修理にはしばらくかかりそうです。

 _20180908_184140.JPG午後は愛知県大府市での「第十回大府飛行場中国人強制連行殉難者追悼式」に立民、社民代表と共に参列し挨拶。労働力補充のための中国人強制連行の閣議決定から76年。当時の商工大臣は総理の祖父の岸信介氏。総理がやるべきことは、侵略戦争への反省が込められた九条を改悪することではなく、国策として行われた強制連行への政府の責任を認め、謝罪・補償をすることです。

ページ最上部へ戻る