活動日誌

ホーム の中の 活動日誌

このページでは最新の10件を表示しています。

 IMG_2233.JPG核兵器禁止条約の批准を求めるオンライン学習会でお話ししました。発信会場の京都府委員会事務所には被爆者や被爆二世をはじめご参加いただきました。
 被爆二世である井坂博文京都市議の司会で、京都原水協事務局長の平信行さん被爆者の花垣るみさんにご挨拶いただいたのに続き私がお話ししました。
 国連会議に参加した経験や国会論戦も紹介しながら、核兵器禁止条約発効の意義とそれを生み出した力、」野党連合政権で条約に参加する意義と展望など、「核兵器国が参加していないので効力がない」「日本参加せず橋渡し役果たす」「参加すれば抑止力を損なう」などの議論に具体的に反論しながらお話ししました。
 ユーチューブでの視聴はこちらから。 https://youtu.be/mT4-dO-Z0W4
 gヒルゲート.jpg、京都市内で開かれている「いま、戦争の兆しに心いたむ美術家たちの作品展2021」を鑑賞しました。 特定秘密保護法の強行採決をきっかけに始まった、それぞれの作品を掲げて立つ「無言の路上展」への賛同の広がりなかで行われてきた作品展です。
 案内ハガキでは「時代の流れに抗う気持ちを表すために、平素の自分の作品を展示することによって、反戦の意志を表明しています」と述べられています。
 若い芸術家の参加も増え、様々ジャンルや表現方法の作品が展示。会場内も若い皆さんの姿が目立ちました。偶然、穀田衆院議員とも会場でばったり出会いました。

 21.3.5 予算委.jpg今日は予算委で総理出席の一般質疑で、河井夫妻による買収問題を質問。有罪判決確定で当選無効になった河井あんり氏の分の政党助成金6534万円が自民党に交付されていること明らかにさせ、総理に返還を求めました

 政党助成金は、交付額の基準が一月一日の国会議員数のため、河井氏が昨年六月に離党後も、その分の政党助成金は自民党に交付されています。

 さらに、参議院から会派に支給される立法事務費も河井氏の分715万円が含まれています。いずれも、そもそも買収で当選無効であり、交付されるべきでなかったもの。

 「到底国民の理解は得られない」と返還を求めると総理は「仕組みがない」と拒否しましたが、買収による当選無効など想定されていません。自民党が自主的に返還すればいいのです。あまりにも無責任です。
 自民党本部からの資金が買収の原資になったことの解明もせず、当選無効で交付されるべきでなかった河井氏の政党助成金もちゃっかり受け取ったまま、四月の再選挙にのぞむなど有権者を愚弄するものだと迫りました。
210305全医労 森田書記長から請願.JPG 10時から17時まで予算委でしたが、途中、参院野党国対委員長会談や全医労の皆さんからの医療・介護や保健衛生施策の充実、国立病院の機能強化について要請を受けて懇談。慌ただしい中でしたが、医療現場のご苦労や実態、要望をお聞きしました。
 終了後は来週の予算委論戦の打ち合わせと続きました。
21.3.4野国.jpg 明日の予算委一般質問の準備や日曜日の核兵器禁止条約学習会の準備中心の一日。明日は、菅総理に河井夫妻の買収問題を質問します。14:30過ぎからの予定です。インターネット中継でご覧ください。
 今日は、参院予算委基本的質疑二日目。田村智子さんの質問を応援傍聴しました。総務省接待問題、コロナと医療、ジェンダー平等など菅総理を厳しく追及しました。
 終了後、参院野党国対委員長会談が開かれ、来週以降の審議日程や総務省接待問題の究明のための参考人の出席要求や調査報告の期限などについて与党にどう求めていくか協議しました。

 来年度予算案の参院予算委での審議が今日から始まりました。総理以下全閣僚出席の基本的質疑は明日まで行われ、NHK中継も行われています。今日は立憲と自民の質問。日本共産党からは明日、午後3時15分ごろから田村政策委員長が質問に立ちます。ご覧あれ!

 今日は8:00から野党合同「イージスシステム疑惑調査チーム」による政府ヒアリングに参加。引き続く国対会議後は、予算委をテレビで見ながら、今後の論戦の打ち合わせや明後日の予算委質問の準備や日曜日の核兵器禁止条約学習会の準備に集中しました。

 

 午後の衆院本会議で来年度予算案が与党の賛成多数で可決しました。それに先立つ予算委員会では日本共産党と立憲民主党で組み替え動議を提出しましたが、残念ながら与党などの反対で否決されました。

 組み替え動議は、公的病院の統廃合・病床削減を撤回し、辺野古新基地建設やイージス・システム搭載艦導入などの予算を削除し、新型コロナ感染症対策や暮らし、事業を守る予算に振り替えるものです。この間の共同の積み重ねを反映したものとなりました。

 明日から予算審議の舞台は参議院となります。今日は論戦の打ち合わせや準備などなど。総務省と警察庁から愛知の知事リコール署名の偽造問題についてレクを受けました。

 

 九時からの衆院予算委集中審議の直前に、NHKで「山田内閣広報官辞任の意向」のニュース。予算委は30分遅れての開会となりました。昨夜から入院されており、予定されていた予算委への参考人としての出席はできませんでした。まずは、健康を取り戻してもらい、そのうえで国会で説明をしていただきたい。

 この問題でも、山田広報官を辞職を求めず続けさせてきた総理の責任が問われます。

 今日は午前中、先日の調査に基づき岩国基地の米軍機騒音問題で防衛省から、午後にはミャンマーの情勢と日本のODAの対応について外務省からレクを受けました。夜は議員団会議。衆院では明日、締めくくり総括質疑と採決が合意。明後日から参院の予算委論戦が始まります。

 IMG_2211.JPG  3.1ビキニデーの原水協全国集会にZOOMで参加。山口二郎さん、湯川れいこさんの連帯挨拶に続き、安井原水協事務局長による基調報告、海外からの発言や各地の草の根の取り組みの交流と続きました(写真は三重原水協の田中事務局長)。
 途中の文化企画では、核兵器禁止条約発効を記念して作られた「Towards a Peaceful New World~後戻りはしない~」(TPNW)の歌と作詞したフィリピンのマラヤさんからのメッセージもありました。
 IMG_2207.JPG基調報告で日本原水協の安井事務局長が日本政府提出の国連核軍縮決議の内容が後退し、共同提案国が昨年の半分になっていることに触れられました。
 それを聞いて、昨年の院外交防衛委員会でこの問題を取り上げた内容をチャットで投稿したら、集会の中で、全国から寄せらた感想と共に紹介していただきました。リアルタイムの交流も盛り込んだ充実したオンライン集会でした。
 私は自宅の二階で視聴している時に、一階では妻が左京区の新婦人内後援会のZOOMでの集いに参加していました。一年前には考えられないこと。運動の新しいツールとして活用が広がってますね。
 IMG_2201.JPG東京を早朝に出て、明日投票の岐阜県各務原市議選の応援に。ハタノこうめ、ながやてる子両現職と共に市内五ケ所で街頭演説会。どこでも、ピンクがのウインドブレーカーの女性後援会の皆さんが集まってプラスターをもって下さり、にぎやかな宣伝となりました。
 岐阜県は愛知など共に、専門家からも大丈夫かと声が上がったにもかかわらず、月曜日から緊急事態宣言が解除となります。第三波の二の舞にならないように、検査、医療、補償の拡充・支援が必要です。その声を託してほしい呼びかけました。
 IMG_2199.JPG市政では、70億円もかけて新体育館の建設計画が進む一方、市民には下水道使用料の32%もの値上げが押し付けられています。税金の使い方を変え、コロナ対策から命・暮らしを守ることを最優先の市政を求めてハッキリものをいい、願い届けて頑張る日本共産党の二議席をと訴えました。

 衆院の予算委は週明け月曜日に集中審議が行われ、贈賄の疑いで在宅起訴されち鶏卵生産会社前代表の接待をうけて処分された農林水産省の枝元事務次官が参考人として出席します。

 与党は理事会で2日火曜日の締めくくり総括質疑、採決を提案しましたが野党は集中審議を終えてからの協議としています。衆院の予算質疑が大詰めとなるもと、参院野党国対委員長会談が行われ、参院に予算案が送付されてからの対応や課題等について協議しました。私は、この間、モリカケや学術会議、さくらなど様々な問題で参院予算委として政府に資料を提出させたてきたことを指摘し、課題山積みの今国会でもそうした参院の役割をしっかり果たすことが必要だと強調しました。

 関西など6府県の緊急事態宣言が一週間前倒しで解除させることになり、夕方に衆参の議運委員会で政府からの報告を受け質疑が行われ、参院では倉林議員が質問に立ちました。

ページ最上部へ戻る