essay つれづれぐさ

ホーム の中の essay つれづれぐさ

私の自宅は、吉田神社がある京都市左京区の吉田本町。
「徒然草」を書いた吉田兼好ゆかりの地です。
同じ吉田のまちからつれづれなるままに思いをつづりました。

「ちちをかえせ ははをかえせ」で始まる峠三吉の『原爆詩集』の中に「倉庫の記録」という散文詩があるのをご存じでしょうか。 1913年建造の広島市の被爆建物「旧陸軍被服支廠」の原爆投下直後の姿を描いたもの。この保存に今、日本共産党国会議員団の「被爆二世トリオ」である、笠井亮、本村伸子両衆院議員と私で取り組んでいます。 広島県は昨年末、老朽化で維持管理が困難などとして県所有の3棟のうち1棟のみ保存し2棟…
 国連の個人通報制度をご存じでしょうか。人権侵害を受け、国内で裁判などの救済手続を尽くしても解決しない場合に、直接国際機関に救済を求める制度です。  日本は女性差別撤廃条約を締結していますが、個人通報制度を内容とする選択議定書は未批准。この間、外交防衛委員会で二度にわたり早期批准を求めました。  日本のジェンダーギャップ指数はかつての80位から153か国中121位にまで落ちこんでいます。個々の指数…
 まだまだ深い闇がある―14日に発表された高浜町元助役から関電幹部らへの金品提供問題についての第三者委員会の報告書を読んで思いました。 昨年問題が発覚し、関電による社内調査では不十分だとして第三者委員会が設置されたもの。元助役と関連企業からの金品の提供が関電役員ら計75人、約3臆千万円へと膨れ上がるなど、様々な新しい事実が明らかになりました。 関電は、元助役が金品を提供した理由を「自己顕示欲」とし…
 先日、京都で弁護士会と懇談した際に出された要望の一つが、弁護士会が取り組んでいる中高での法教育の「出前授業」への公的補助。消費契約や労働問題等で基本的知識を身に着けるための支援は重要だと議論になりました。  そこでも上がったのが「安倍総理にこそ、法教育が必要だ」という声。私も痛感しています。特に深刻なのは検察幹部の定年延長問題。河合前法相夫妻の買収疑惑、秋元衆院議員のカジノ利権での逮捕など続く中…

反共への市民的反撃

 先日の京都市長選挙では全国から大きなご支援を頂き、ありがとうございます。  福山和人候補は大健闘し、大きな財産を作りました。その一つが、現職陣営による「大切な京都に 共産党の市長『NO!』」という反共新聞広告への市民的反撃です。多くの市民の皆さんが、「自分たちの願いを切り捨てるもの」と抗議の声を上げ、現職陣営を逆に追い詰めました。  この流れは今国会につながっています。本会議で安倍首相が「暴力革…
 新年早々の暴挙に耳を疑いました。米トランプ大統領の指示によりイランの革命防衛隊の司令官を空爆し殺害しました。  報道のあった日に街頭に立ち、地域と世界の平和を脅かし、国連憲章をはじめ国際法に違反する暴挙だとして厳しく批判しました。「戦争が目の前に迫っている」「怖い」という声が寄せられました。 「報復の連鎖により中東全体を巻き込んだ戦争になるのでは」と不安の声が広がっています。ところが安倍政権は昨…

五つ星質問

「198回国会 三ツ星議員」――NPO法人「万年野党」から、質問王ランキングとし て表彰を受けました。 「万年野党」は、国会外で「政府の監視」の機能を果たそうと作られたNPO。2012年以 来、全議員の質問回数や主意書、議案立法の数で総合的に評価してこられました。  今回は、日本共産党からは笠井、高橋両衆院議員と私が表彰されました。私は本会議 質問の回数が全参院議員でトップ、委員会質問は第三位でし…
息をのむような光景でした。14日の朝、台風19号による大雨で決壊した千曲川の堤防の現場に入りました。長野市の長沼地域。決壊地点のすぐそばにあった神社や住宅は濁流により跡形もなく押し流され、周辺には裏返しになった車などがころがっています。すさまじい流れだったことがわかります。  日本共産党は志位委員長を責任者に台風19号災害対策本部を設置し、国会議員団が現場に直行。私は武田良介参院議員、藤野やすふみ…
 原爆投下から8年後に、多くの被爆者ら8万8千人が参加して原爆投下直後の広島を描いた映画「ひろしま」。ベルリン映画祭で入賞するなど国際的な評価を受けながら、大手映画会社が反米的だと上映を拒否し、ほとんど知られてこなかったこの映画に、半世紀をへて光が当たり、世界で上映が広がっていることを紹介しています。  映画の舞台の一つが広島一中。私が卒業した広島国泰寺高校の前身です。この映画を学校の上映会で見た…

四期目の当選

 「ばんざ~い」――当選確実が出たのは二十二日未明の四時過ぎ。比例代表から四期目の当選を果たさせていただきました。この間のご支援に心からお礼申し上げます。  八月一日に臨時国会が召集され、当選した日本共産党の七人の議員で揃って初登院。本会議場に入ると、長野選挙区で野党統一候補として勝利した羽田雄一郎議員の議席はすぐそば。「がんばりましょう」とがっちり握手をしました。 党議員団の新体制で、私は引き続…

ページ最上部へ戻る